HOW TO

Knot THE STRAPは手で簡単に着け替えができるウォッチストラップです。

Knot THE STRAPの使い方

バックルをつける

  1. 1.バネ棒をバックルの穴に差し込みます

    ベルトの両サイドに出ている棒を「バネ棒」と呼びます。
    バックルの取り付け穴のうち、まずはレバーの反対側のバネ棒を穴に差し込みます。
    ※ベルトのループ(定革)が付いている側にバックル、反対側を時計本体に取り付けます。

  2. 2.レバーをスライドをさせてもう片側も差し込みます

    レバーをスライドさせたままベルトを動かし、もう片側のバネ棒もバックルの穴に差し込みます。バックルを少しひっぱり、しっかりとベルトに取り付けできているかを確認して完了です。

Dバックルの場合はこちら

ストラップをつける

  1. 1.バネ棒を時計の穴に差し込みます

    腕時計とベルトを裏返します。バックルの取り付け穴のうち、まずはレバーの反対側のバネ棒を時計本体の穴に差し込みます。

  2. 2.レバーをスライドをさせてもう片側も差し込みます

    レバーをスライドさせたままベルトを動かし、もう片側のバネ棒も時計本体の穴に差し込みます。ベルトを少しひっぱり、しっかりと時計本体に取り付けできているかを確認して完了です。

Apple Watchの場合はこちら

Dバックル

  1. 1.バネ棒をDバックルの穴に差し込みます

    まずはベルトの固定ループ(定革)側にDバックルを取り付けます。ロゴの上下を見て、取り付け方向を確認し、一度裏返します。
    ベルトのレバーと反対側のバネ棒をDバックルの穴に差し込みます。

  2. 2.レバーをスライドをさせてもう片側も差し込みます

    レバーをスライドさせたままベルトを動かし、もう片側のバネ棒もDバックルの穴に差し込みます。Dバックルを少しひっぱり、しっかりとベルトに取り付けできているかを確認してください。

  1. 3.時計本体にベルトを取り付けます

    「Knot THE STRAPの使い方/ベルトをつける」と同様に、ベルトを時計本体に取り付けます。

  2. 4.ベルトの剣先側をバックルに通します

    Dバックルのロゴが付いた部分の裏側を開き、ベルトの剣先側を通します。開い部分(内側)に付いている突起がベルトのホールに入るようにバックルを閉じます。腕に着けてサイズを確認し、適宜ホール位置をずらして調整します。

ステンレスベルトの使い方

  1. 1.(A)の内側にあるフックを反対側の留め具の棒に引っ掛けます

    ※きちんと引っ掛けないと落下や破損の原因になります。/p>

  2. 2.フックに(B)をかぶせ、押し込みます

    しっかり固定されているかを確認してください。

  1. 3.その後、(B)に(C)をかぶせ、押し込みます

ステンレスベルトのサイズ調節

  1. 1.小さなマイナスドライバー(または同じような工具)を図のように留め具の穴に差し込み、留め具を持ち上げます

  2. 2.留め具をスライドさせ、腕のサイズに合う位置でベルト裏側の溝と留め具の溝を合わせ、指で押さえて動かないようにします

  1. 3.1と同様に留め具の穴に工具を差し込み、てこの原理で押し戻します

    ※溝がはまっていない場合や、別の方法で無理に動かすと破損する恐れがございます。